舞台芸術科 進路

舞台芸術科の進路

 

舞台芸術の世界を中心に、あらゆる「社会」へ

ダンサー、俳優、舞台スタッフ、インストラクター舞台芸術の世界で表現する仕事をする人へ

 

舞台芸術科の卒業生たちは、集団を支える貴重な人材としてあらゆる環境で活躍しています。私たちは、アーティストとして活躍する人材の育成はもちろんですが、社会のあらゆる場面で評価され、加えて自らの夢、希望を実現していくことのできる人材を育てていきたいと考えています。


舞台芸術系大学へ

(4年制・短大)

  舞台系の大学へは、舞台芸術科の進路として最も多くの生徒が進学を希望しています。入試では推薦・一般に関わらず実技が課されることがほとんどで、舞台芸術科で身に付けたコミュニケーションスキルや表現技術を生かし、受験に臨んでいきます。進学先卒業後は主に俳優や舞踊家として活躍をしています。(日本大学芸術学部、桜美林大学、多摩美術大学、玉川大学、日本女子体育大学、桐朋学園芸術短期大学、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学など)

一般分野へ
(大学・専門)

  舞台芸術科の学びは多岐にわたります。舞台芸術は総合芸術と言われるように、役者や観客、照明、音響、美術、装置、衣裳…とたくさんの仕事によって成り立っています。卒業後の進路として、舞台系の大学に進学するだけでなく、本校での学びを通して興味や関心を広げ、様々なジャンルの大学や専門へ進学しています。(ファッション、心理、スポーツ科学、健康栄養、美容、ホスピタリティ、イベント企画、放送など)
 
就職   数は多くはありませんが、舞台芸術科で身につけたコミュニケーションスキルを活かし、バスガイドや福祉系などの分野に就職していく生徒もいます。

 

上級学校の
その先は
  ~専門分野~ 
大学や研修所など上級学校を卒業したOB、OGたちは、舞台芸術に関わる様々な分野で活躍しています。

卒業生の活動状況の紹介
・劇団や事務所に所属し、舞台俳優として活動
 (例)劇団四季所属、新国立劇場公演主要キャストとして出演、など
・声優として活躍
 (例)海外ドラマ主要キャスト担当、韓流ドラマ主役担当、など
・バレエ団に所属してバレエダンサーとして活動
 (例)NBAバレエ団プリンシパル、牧阿佐美バレエ団、ベルギー国立Royal Ballet of Flanders、など
・ダンサーとして活動
 (例)マシュー・ボーン「ドリアン・グレイ」日本版キャスト、東京新聞全国舞踊コンクール創作舞踊部1位、など
・テーマパークで活動
 (例)オリエンタルランド、サンリオピューロランド、ユニバーサルスタジオ、ハウステンボスなど
・劇場で勤務、運営など担当
 (例)世田谷パブリックシアター、静岡グランシップ、など
・ダンス指導者として活動
・舞台スタッフの会社に就職し照明などのスタッフとして活動
・他、劇団制作部など

~一般分野~
・教諭(中学、高校)
・幼稚園教諭
・バスガイド、など

 

舞台芸術科 卒業生からのメッセージ

舞台芸術科の卒業生

 

舞台芸術科で3年間学び、それぞれの進路へ進んだ卒業生からのメッセージです。

 

 

 

 

 

私が芝居をやる理由

第13期生・演劇専攻 高嶋柚衣

演劇とは「人間を描く芸術」だと、ここで出会った講師の方に3年間言われ続けて来ました。人間って何のために生きるの? 社会とどう関わっていったらよいの? たくさんのプロの講師の方との出会いの中で、様々なことを思考する習慣がつきました。今俳優として活動していく上で、ここが原点となっています。忙しい学校生活でしたが、宝のような時間です。 (俳優/新国立劇場演劇研修所 卒業)

 

 


 

 

はじまりの場所

第12期生・演劇専攻 甲斐 香奈里

舞台を作り上げる苦楽や、本番を迎えてお客様から拍手をいただく喜びを、舞台芸術科での3年間で知りました。その中で、芸総時代に培った「舞台が好き」という気持ちを胸に、現在は都内のホールで照明スタッフとして働いています。
芸総は、多彩なカリキュラム、プロフェッショナルな講師の先生方に、個性豊かなクラスメイトと、とにかく盛りだくさん。芸総での日々は今でもかけがえのない思い出です。若いうちに好きなことに時間を使えることは本当に有意義な時間だと思います。芸総はたくさんの素敵な人々と出逢える恵まれた環境です。私は芸総舞台芸術科に通えて幸せでしたし、これからも誇りに思い続けます。今の私を作り上げているのは芸総です!
(劇場管理業務会社(照明)勤務/立教大学現代心理学部映像身体学科 卒業)

 

 

 

すべて–学びの原石–

第11期生・舞踊専攻 久保田舞

芸総在学中、自分の周りに居た同級生や先輩、後輩。そして各分野から素晴らしい先生方を招いての多彩なカリキュラム。校舎内に展示されている生徒作の美術作品、写真、廊下に響く楽器の音色。それらすべてがイマジネーションを掻き立てる最高の“学びの原石”でした。私は今、ダンサーそしてコレオグラファーとして活動しています。ただ踊るだけではなく日常や社会に対する問題提起をし、本当に伝えたいものを自分の身体や人の身体、時には道具を通してアイディアを具現化していく。生み出す。そういった作業はとてつもない時間を費やします。常に疑問を持ち、考えて続けます。正解や終わりはありません。芸総では「~でなければいけない」「~しなくてはいけない」ではなく、学びたいと思えるものが沢山あり、なにを選択するかどの様に磨くかは自分次第! –自ら興味を持ち考え発信し続けていくそんな活動ができる場所だと今振り返り、感じています。芸総で学んだことに感謝と誇りを持ち、そして今でも私は刺激を頂いています。

(ダンサー/コレオグラファー/大東文化大学スポーツ科学科 卒業)

 

 
 

表現したいパワーを育ててくれる場所

第8期生 演劇専攻 森川由樹 
 「もっと知りたい、もっと表現したい」という気持ちに動かされ、舞台芸術科に通うことを選んだ15歳の私に、とても感謝しています。芸総での幅広い授業は、私の視野を大いに広げてくれました。女優になりたいと気づいたのも在学中でした。もちろん、その当時は分からないこともたくさんあった。でも、授業にはそれぞれ目的があって、すべて表現することにつながっていると今は実感しています。柔軟な心と身体、瞬発力と好奇心、そして自分が素敵だと思うことをとことん突き詰める情熱。芸総はそれらを掘り起こし、磨いてくれました。ここでの3年間がなければ今の私はなかったと言える場所。それが芸術総合高校舞台芸術科という場所です。母校によいニュースを届けられるよう、がんばっています!「もっと知りたい、もっと表現したい」のパワーは無限大!お互い頑張りましょう、ねっ!
 (俳優 トム・プロジェクト)


 

どこよりも濃厚な3年間

第11期生・舞踊専攻 茶谷健太

通学片道2時間、往復4時間。そんな長い時間をかけてでも通いたくなる高校3年間でした。この3年間にはとてもたくさんのものが詰まっています。普通では教われないような講師の方々から学んだ演技、ダンス、スタッフワーク、舞台の歴史…。演劇には欠かせない多くのことを学ぶことが出来、そしてそのほとんどが今の自分に役立っています。この世界は本当に出会いと繋がりで出来ていると思います。芸総でも素晴らしい出会いがたくさんありました。今でもそれらの出会いが様々な仕事などにつながることも少なくありません。でも、一番はやはりクラスメイトです。芸総は3年間クラス替えがありません。そして、珍しいことに私はクラスで男子一人でした。最初は本当に不安でたまりませんでした。でもそんな不安なんかすぐになくなります。一緒に笑って一緒に泣いて、時には喧嘩もして…。そうやって3年間を過ごすうちに男子も女子も関係なく、同じ仲間、ライバルとなっているのです。今、クラスメイトが活躍していることを聞くと、うれしさ半分悔しさ半分、もっとがんばらなきゃなと思えます。舞台芸術科での3年間は自分にとって宝物のような経験です。この学校で関わった全ての方に感謝しながら日々精進していきます。

(桐朋学園芸術短期大学 芸術科演劇専攻 卒業)

 

 

 

ワタシの源

第10期生・演劇専攻 星野ひかり

舞台芸術科での3年間がなければ今の私はないと言っても過言ではないと思います。思い出すたびにキラキラと色鮮やかに輝いて、まぶしくなる、そんな素敵な3年間でした。よく考えたら、なんであんなに充実していたのだろうと不思議なくらいです。「演技」「ダンス」「スタッフワーク」すべて学べるたくさんの専門科目はもちろんのこと、部活や文化祭も専門学科しかないからこそのものがあり、授業や部活、稽古をするのに最適な施設が揃っていました。そして「舞台」「表現」の楽しさ、厳しさを教えてくれる講師の方々、同じ志を持った素敵な仲間と出会えたことが何よりだと思います。またわたしはここに入ったからこそ、俳優にもダンスをするカラダが必要であることに気付くことができました。それをさらに深めるべく、はっきりとしたコース分けをしない演劇学科のある大学に進み、演技もダンスも学び続けています。「舞台芸術科」は私のホームで財産です。この先なにがあってもここでの経験、たくさんの人との出会い、苦楽をともにした仲間が私を支えてくれると感じています。

(桜美林大学 総合文化学群 進学 *現・芸術文化学群)

 

 

 

普通高校では味わえない高校生活

第9期生・舞踊専攻 福水遥

どうしてあんなに濃い3年間になったのか、今思い返しても不思議なくらい。一般教科の授業とともに演劇やバレエなどの舞台に関する専門科目の勉強もでき、公立高校の校舎にダンスや演劇の稽古をするのに最適なスタジオが整っているという、恵まれた環境があること。そして何より個性豊かな仲間と出会えたこと。一人一人に夢があり、しかもその夢は自分と似た「舞台」「表現」に関わることであったので、いつも一緒に全力で突っ走ることができた。共に苦しみ、共に喜びあえる最高の仲間。クラスで作品を創ると一人一人の才能に気づき、お互い刺激を受け合えた。それぞれ違ったカラーがあり、それは時が経つにつれ、確立されていっている気がした。 私もこの3年間で「私」を作ることができたと思う。たった3年間の間に驚くほどたくさんの発見があり、自分の視野が大きく広がった。 今、私は海外にバレエ留学中で、さらに視野を広げ、夢を追っています。大変なことが多いですが舞台芸術科での3年間が私を支えてくれていると感じています。

(日本女子体育大学舞踊学専攻 進学/2年次よりベルギーへバレエ留学 ベルギー国立Royal Ballet of Flandersと契約)

 

 
 

「私にはここしかない!」……それが理由でした。

第9期生・演劇専攻 田中結夏

舞台芸術科の体験入学が、私の人生を大きく左右する決め手になりました。 ずっとミュージカルが大好きで、将来は俳優になりたいと思っていた中学時代。進学は普通科かなと考えていた時、芸術総合高校舞台芸術科の存在を知りました。すぐに夏の体験入学を申し込み、即参加。演技なんて初めて……不安と期待が入り混じっていたそんな時、キラキラとした目で、イキイキと自分を解放して動いている先輩達に釘付けになりました。「ここだ!!」その姿にビビビッと来たその瞬間から、私の中で大きく夢が膨らんでいきました。 念願の舞台芸術科での3年間は、まるで「夢」のような時間でした。施設や素晴らしい講師の方々など恵まれた環境があり、同じ志を持った仲間に囲まれて、毎日沢山の専門科目を勉強できる。「夢」から覚めた今、戻りたいな、と思うくらい濃密な時間でした。 舞台芸術科で舞台をたっぷり学んだ事で、次は「人間」そのものについて深く学んでみたくなり、今、私は大学で「人間」の原点である「子ども」について学んでいます。 舞台芸術科を出ても、プロになれるかの保証はもちろんありません。全ては自分次第だけれど、努力して舞台芸術科時代に培ってきた知識と技術は今でも私の自信になっています。「ここだ!」といういわば“直感”で決めた舞台芸術科でしたが、3年間大好きな舞台にどっぷり浸かれた時間を、心から幸せに感じています。

(青山学院女子短期大学 子ども学科 進学)

舞台芸術科 進路実績

舞台芸術科 主な合格校15校 順不同 *( )は卒業生内数)

 

  学校名 H27 H28 H29 H30 R01 R02 主な学科・コースなど
国公立 筑波大学           体育専門学群
私立 日本女子体育大学 体育学部ダンス学科
私立 日本大学(芸術学部)     演劇学科など
私立  桜美林大学          芸術文化学群演劇ダンス専修
私立 多摩美術大学   演劇舞踊デザイン学科
私立 玉川大学       芸術学部演劇・舞踊学科
私立 大東文化大学           スポーツ健康科学部スポーツ科
私立 立教大学 現代心理学部映像身体学科
私立 成城大学         文芸学部芸術学科
私立 二松學舍大学       文学部国文学科
私立 洗足学園音楽大学       2 ミュージカルコース
短大 昭和音楽大学短期大学部   1 1     バレエコース 
短大 桐朋学園芸術短期大学 芸術科演劇専攻など
その他 新国立劇場演劇研修所        
 その他 演劇集団円演劇研究所            
舞台芸術科 指定校

舞台芸術科 主な指定校


  学校名 学部 学科・専攻 備考

舞台芸術科 指定
私立 立教大学 現代心理学部 映像身体学科 *映像芸術科も指定
私立 日本女子体育大学 体育学部 運動科学学科舞踊専攻  
私立 洗足学園音楽大学 音楽学部 ミュージカルコース *音楽科も指定
私立 桐朋学園芸術短期大学   芸術科演劇専攻  
私立 昭和音楽大学短期大学部   音楽学科バレエコース *音楽科も指定
 
学校指定
私立 玉川大学 芸術学部 音楽学科 ミュージカルコース
演劇・舞踊学科  
私立 成城大学 文芸学部 芸術学科