音楽科 News

音楽科News

音楽科 News2021

音楽科News 2021

音楽科 演奏会出演予定(6/12)

6月12日(土)に本校の代表生徒5名が「第10回北関東甲信越音楽系高等学校演奏会」に出演します。

本校からは、クラリネット独奏、マリンバ4重奏の2組が演奏予定です。

会場 東邦音楽大学グランツザール(川越キャンパス)

開場 12:30/開演 13:00

 

音楽科 授業報告(合唱)

合唱(声楽アンサンブル)は、音楽科全年次のピアノ専攻、声楽専攻の生徒が受講する授業です。例年この授業の成果を、秋の音楽科定期演奏会で披露します。(昨年度は内容を一部変更して実施)

今年度も4月に1年次を迎え、現在は演奏会に向けて、発声、ハーモニーやアンサンブル練習を女声合唱曲を使用しながら練習しています。

6月の授業では、沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」を教材に、3つのグループに分け、ハーモニーやフレーズの作り方、表現の工夫など3年次のパートリーダーを中心に、生徒たちで練習を進め、音楽づくりを行いました。

 

 

音楽科 授業紹介3

音楽科必修科目、ソルフェージュについてご紹介します。

ソルフェージュは、音楽を構成する様々要素を正しく修得し、音楽的に表現するための基礎的な能力を伸ばす科目です。

主に楽譜を見て歌う視唱、旋律や和音を聴いて楽譜に書き取る聴音を中心に、習熟度別のクラスに適した教材を用いて授業が展開されます。1年次から3年次まで全年次で必修科目となります。

現在、2,3年次は4クラス、1年次は3クラスに分かれて授業を実施しており、

試験は前期、後期で各1回ずつ共通テストを行い、結果をもとにクラスを再編成します。

入学時には、聴音など初めて取り組む生徒が少なくなく、ソルフェージュの授業に苦労する生徒もいますが、授業はもちろん、予習や復習、課題に根気強く臨んでいくことで確実に力を身につけることができます。

写真:3年次ソルフェージュの授業(コールユーブンゲン、聴音)

音楽科 授業紹介3

音楽科では、専門とする声楽または器楽の専攻レッスンと、声楽またはピアノの副科レッスンを授業として受講します。

(副科レッスン・・・ピアノ専攻は声楽、ピアノ専攻以外はピアノ)

新入生も4月から早速レッスンが始まり、6月の前期実技試験に向けて練習に励んでいます。

実技試験は、音階などの「基礎課題」と各専攻の課題曲を演奏します。

 

写真:1年次専攻レッスンの様子

1年次では楽器の奏法や発声の基礎を丁寧に学び、練習曲や独奏曲に挑戦していきます。

※現在レッスン室(全17室)及び各音楽科教室(4室)には、感染症対策のためのビニールシートやパーテーションを設置しています。

 

 

 

 

 

 

 

音楽科 学科集会(4月)

4月13日(火)新入生を迎え、今年度初めての学科集会を実施しました。

新入生の入場時には、ピアノの生演奏をBGMに2,3年が大きな拍手で迎えてくれました。

集会では、音楽科の学習内容の説明から、代表在校生の今年度の抱負の発表があり、特に3年次からは今年度の学習活動への期待と決意が感じられました。

集会終了後には、専攻のカテゴリのグループでの自己紹介(1~3年)、そして新入生へ、2,3年次の2団体が歓迎演奏を披露しました。

音楽科 News2020

音楽科News 2020