美術科News 2021

美術科News 2021

美術科 1年次放課後デッサン

本校では2年次から授業内だけではなく、デッサン力を上げるために自己研鑽としての放課後にデッサン補講が行われています。

1年次生は来年度に向けてデッサン補講の体験を行いました。モチーフは胸像のブルータスです。初めての大きな石膏で構図に悩んだり、描画材を自由に選んだりして時間をかけて制作しました。講評会もしっかり聞き、2年生に向けてデッサンと補講の大事さを感じていたようです。これからもしっかり学んでいきましょう。

 

 

美術科 3年選択版画

1月25日(火)に2,3時間目に3年選択の版画の最後の授業が行われました。

「版画」は美術科の3年生が選択できる授業で、多様な技法のある表現方法です。4月から銅版画直接技法のドライポイント、間接技法のエッチング(アクアチント・ソフトグランド)、シルクスクリーンなどの技法で作品制作を行いました。版画は木版画しか体験したことのない生徒がほとんどで、新しい技法にワクワクしながら1年間制作してきました。

卒業後も版画を楽しみたい、という生徒もおり、充実した授業になりました。

  

美術科 1年次スペシャル課題

1月17日(月)の4.5.6限の構成の授業ではスペシャル課題に取り組んでいます。

スペシャル課題とは2年次生からの専攻を選ぶ事前課題になります。油絵・日本画・彫刻・ヴィジュアルデザイン・クラフトデザインの制作を通して、自分の興味関心・適性を見極め、2年次の専攻を選択します。初めての長期間制作となりますので体調に気を付け、完成に向けて頑張っていきましょう。

  

 

美術科 冬季講習会の講評会

令和3年12月27日(月) 美術科1・2年次生を対象とした冬季講習会の講評会が行われました。3会場に分かれ描画していましたが、講評会は2会場に設定し、それぞれ複数の先生方から講評を受けました。先生方のアドバイスは勿論ですが、特に1年次生は先輩の制作上の途中経過などが見れたことが勉強になったようです。

 

  

 

 

 両講評会場とも力作が並びました。