美術科News 2021

美術科News 2021

美術科 日本画専攻特講を開催しました。

令和3年 8月2日(月)~5日(木)の期間、日本画専攻2年及び3年次生を対象に「日本画専攻特別講座」として「静物着彩ターム」を実施しました。日本画を描く上での基礎的なものの見方や、美大受検で出題されるモチーフを鑑みて設定し、夏らしいモチーフを囲みました。

  

制作時間は約18h。通常は12h程度で描くものですが、個別指導や中間講評会などを取り入れて、描き方の具体的なコツなどを皆で共有していきました。

   

日本画の静物着彩は、デッサン6割、彩色4割程度の配分で進めていきます。色を置くように着けて、空間感のある作品が無事に完成しました。

 

 

 

 

 

美術科 夏季講習会

毎年恒例の『夏季講習会』が令和3年7月22日~7月25日の4日間で実施されました。今年度の夏季講習会では参加者を2タームに分散し、普段の授業では機会の少ない『人物モデル』をモチーフとした素描と着彩の講座を少人数で開きました。

モデルさんとしてお迎えした4人の女性は、美大で学ぶ本校の卒業生!生徒もモデルさんもアトリエの良い緊張感を保ちながら制作に集中することができました。各アトリエごとの講評会には1・2年生が一緒に参加しているので、お互いにとって良い刺激になったと思います。 

  

      

   
   

美術科 やかんデッサン(1年次)

令和3年 7月13日 1年生にとって初の『やかんデッサンコンクール』が開催されました。

感染症対策のため、油絵室とデッサン室の二部屋を使用し制作しました。デッサンの場所はクジ引きで決定します。4時間連続の制作時間は初めてでしたが、集中して取り組んでいました。提出時には「絶対入学時より上手くなってる!」の声もあり、一枚一枚の積み重ねが結果として見えたようでした。これからも一枚一枚を大事に制作していきましょう。

 

美術科 1次年生対象の「著作権講義」について

令和3年 6月21日(月)美術科1年次生の新課題「明るい選挙ポスター制作」の最初の授業で、ものづくりを行う側の視点に留意し「著作権」の講義を実施しました。この授業では「著作権」の歴史、運用、注意すべき点などを中心に、自分が将来の美術家・デザイナーになった場合に気を付けたいこと、お互いに守りたいことなどを具体的事例を紹介しながら講義を実施しました。生徒は真剣な眼差しで授業に集中していたようです。

 

   

       

美術科 校外行ムーミンバレーパーク写生

令和3年 6月18日(金) 美術科1~3年生で飯能市にあるムーミンバレーパークにて写生を行ってきました。例年校外で多くの写生をしている美術科ですが、感染症のため昨年度は開催できず、久しぶりの行事となりました。

梅雨の晴れ間の中、1,2年生はA3サイズのイラストボードに風景の着彩、3年生は各専攻から与えられた課題を制作しました。いつもと違う場所で描き、 新鮮な気持ちで楽しく制作できたようです。
 

 

 

 

 

 

 

美術科 ☆やかんデッサンコンクールを開催しました☆

  

今年度初の『やかんデッサンコンクール』が開催されました。昔ながらの形が特徴の『やかん』ですが、デッサンのモチーフとなると、難易度が高く、正確な形態とバランスを捉えることが非常に難しい課題となります。参加したのは2・3年次の生徒で、学年を越えた学科行事としては貴重な機会となっています。デッサンの場所はクジ引きで決定しますが、先輩後輩が入り混じり、緊張感のある空間になりました。4時間ほどの短い制作時間ですが、今年も受賞者が誕生し、作品は暫くデッサン室に掲示されます。

美術科 体育祭の応援旗

令和3年 5月14日(金)体育祭が、2年ぶりに新型コロナウイルス感染拡大防止の措置を施した上で開催されました。その中でも、美術科の得意分野であるクラス「応援旗」についてのご紹介させていただきます。

  

     1年次生の応援旗         2年次生の応援旗          3年次生の応援旗 

芸総の体育祭の特徴としては、体育祭の競技の他に各学科の表現力が発揮される「クラスパフォーマンス」の披露がありますが、それぞれの応援旗のデザインコンセプトに合ったダンスやパフォーマンスを披露してくれました。詳しい内容は、美術科の学科説明会で今後、紹介していきたいと思います。

 

 

        

美術科 1年ポスター講評会

令和3年 5月10日(月)1年次生の構成A(主にビジュアルデザインを学ぶ授業)にて「防犯ポスター」課題の講評会を行いました。授業での制作の他、自宅等でも加筆可とし4月から学んできた構図・配色・効果性などをそれぞれ生徒が考えて発表し合いました。

教員が首に付けているものは小型拡声器で、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から小声で話しても大きく伝わるように美術科では配慮しています。

 

  

美術科3年次 専攻授業

令和3年 5月7日(金) 3年生の油彩画、日本画、ビジュアルデザイン、クラフトデザイン、彫刻の各専攻授業が始まっています。立体系は制作に時間がかかるので、すでに卒業制作に取り掛かっています。作品完成が楽しみですね。

  

  

美術科 日本画専攻2年次生のスケッチ課題展示

 

令和3年 4月26日(月) 美術科の日本画専攻2年次生の春休み課題「誰かに気づかれたい美」の校内展示を行いました。生徒はこの課題で身近な美を100枚スケッチして、その中から各自が選んだ数点を展示用にまとめました。この後、日本画専攻ではこれらのスケッチを元に初めての日本画絵具(岩絵具・膠など)を使って「日本画」制作に挑みます!

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

美術科 3年専門選択「版画」

令和3年 4月20日(火) 3年生の専門選択授業の「版画」が始まりました。

最初の授業は鑑賞を行い、本日は直接技法のドライポイント制作を行いました。ドライポイントとは版にニードルで傷をつけその溝やまくれ部分にインクを詰めて刷り上げる凹版技法です。にじみの表現や、刷り上がりの予想できない面白さがこの技法にはあります。

版画の授業はほかにエッチング、リトグラフ、シルクスクリーンなど多くの技法を使って作品制作をしていく予定です。新しい表現方法を身に着け、専攻の制作にも生かせるとよいですね。

  

美術科 22期美術コメント初制作

令和3年 4月19日(月) 22期美術科初の美術コメント(美コメ)が完成しました。美コメは

・作家、作品の情報を自分で集め、クラスメイトと共有する

・美術、芸術の知識・興味関心を深める

・限られたスペースに文字・絵を配置し、どうすれば見やすく、伝えることができるかを学ぶ

を目的とし、生徒が月1回、発行しています。美コメを制作することで今まで知らなかった美術に関する知識が増えていきます。4月号は春休みの課題でしたので、内容もしっかりとまとめられてよい美術コメントが出来上がりました。これからもたくさんの知識・興味・関心を高めていきましょう。

 

美術科 学科集会(対面式)

  

13日分散型で美術科学科集会・対面式が行われました。

5限は2,3年生の集会で学科長から美術科の心構えと、これからの授業についてのお話をしていただきました。3年の美術部新部長・副部長の挨拶もあり、2年生も上級生としてしっかりと話を聞いていました。

6限は1年生のみの集会です。分散集会で上級生と一緒に集会はできませんでしたが、部長・副部長から美術科の専攻を生徒自身が紹介する伝統の「美術科解体新書」が贈呈されました。これから美術科でたくさんの経験を積んで成長してもらいたいです。