舞台芸術科News 2022

舞台芸術科News 2022

舞台芸術科【第21回公演 特集】本番&作品紹介 その2・演劇専攻

昨日に続いて、その2は、演劇専攻の本番の様子と、作品紹介です。

 

演劇 「リボンの騎士~県立鷲尾高校演劇部奮闘記~」

作 横内謙介 原作 手塚治虫 作品提供・協力:手塚プロダクション 上演台本・演出 南野真一郎

この作品は、長年にわたり演劇界で活躍されている「劇団扉座」主宰の横内謙介さんの作品で、扉座の本公演はもちろん、扉座の俳優養成機関にあたる扉座サテライトの卒業公演としても上演されているものです。今回の上演では、その台本を21期演劇専攻に合わせて、授業講師の南野先生に潤色していただいたものを上演台本として取り組みました。以下、上演の様子を写真と共にご覧ください。

 

 

県立鷲尾高校演劇部は、次回の特別公演で何を上演するか、侃々諤々と検討中。そこに部員の池田まゆみが「リボンの騎士」の上演を提案する。

 

 

まゆみがストーリーを語り始めると、幻想のように現れる、漫画の中の登場人物たち。

  

 

サファイアにフランツ。ジュラルミン&ナイロン、そしてへケートの悪党たち。さらに、ヒョウタンツギも。

この6人、稽古場では「メルヘンチーム」と呼ばれていました。劇中ではジュラルミンが「リアルリボン」とも言っていましたが。

 

  

応援団部が廃部となり、涙にくれた中島親弘は、演劇部に入部。彼はまゆみの因縁の相手だった。

 

  

   

  「リボンの騎士」上演を決めた鷲高演劇部。しかし、次から次へとトラブル続出!その一つ一つに打ちのめされながらも、上演に向けて進んでいく部員たち。その渦中にいるまゆみを、サファイアたちは時に静かに、時に賑やかに見守っている。

 

  

ハタキダンス!

 

  

まゆみの稽古に駆けつける、「リアルリボン」の面々。

 

  

元応援団部親弘と小田から、演劇部に贈られる「勝利の大拍手」!

 

   

 

予告編、上演。が!

 

  

  

いよいよ「リボンの騎士」本番。

舞台上はその「舞台裏」。お客様はまゆみたちと一緒に、鷲高演劇部による上演を後ろから見る形になりました。

 

  

最後に訪れる、別れ。

 

  

そして、大団円、カーテンコールへ!

 

ありがとうございました!

 

最後に秘蔵写真。

お客様から見えなかった、「リボンの騎士」の「表側」です。

見えていないところでも、しっかり芝居しています。

 

以上、演劇専攻の作品紹介でした。次回はこの「第21回公演 特集」の最終回として、フィナーレなどをご紹介します。

舞台芸術科【第21回公演 特集】本番&作品紹介 その1・舞踊専攻

 6月25日土曜日。快晴。

 劇場入り4日目、そして最終日。いよいよ本番です。舞踊専攻は毎年、クラシックバレエとモダンダンスの2作品を上演します。以下、写真を交えてご紹介します。

1 クラシックバレエ「眠れる森の美女」より

 「眠れる森の美女」はチャイコフスキー作曲によるバレエ音楽を元にしたバレエ作品です。クラシックバレエの代表作の一つで、「白鳥の湖」「くるみ割り人形」とともに三大バレエと呼ばれています。お話はペローによる童話「眠れる森の美女」が元となっています。

  

6人の妖精たち。「優しさの精」「元気の精」「鷹揚の精」「呑気の精」「勇気の精」そして「リラの精」。

 

  

オーロラ姫。お話の主人公です。妖精カラボスの呪いにより、眠りにつき、そして長い時を経て、王子の口づけにより目覚めます。

 

  

花のワルツ。オーロラ姫のお祝いの場を華やかに彩ります。

 

 

宝石の精。オーロラ姫と王子の結婚をお祝いします。

 

華やかにフィナーレ

 今回の上演は、第1幕と第3幕からいくつかのシーンを抜粋した上演となりました。学科公演ではここ数年にわたり、隔年で上演されている演目ですが、指導いただいている山本先生により、毎年その期の生徒たちに合わせてオンリーワンの作品となるように振付、構成されて上演しています。

 

2 モダンダンス「Responseする身体(カラダ)」

 「“…するカラダ” Responseは、反感、反応、応答

 人体をテーマに私の身体(カラダ)の内側や外側への働きかけや、そして他者との働きかけによって身体(カラダ)はどのような反感や応答をするのか?

21期作業はまず、骨(人体)を描くことからスタートしました。」(当日パンフレットより)

 

 

プロローグ「未分の分化」

 

  

シーン1-a「Bones 骨」

  

シーン1-b「First contact」

 

  

シーン2「Diagonal & CORE 循環」

 

  

シーン3「Subtle  axis 微妙な軸」

 

幕間

 

  

シーン4「9 Girls   Feel 触れる」

 

シーン5「Breath いきの行方」

 

「人体」と「反応」をテーマとしたこの作品は、クラシックバレエとはまた違った、ダイナミックで身体性溢れる作品でした。

次回は、演劇専攻の作品について、ご紹介します。

舞台芸術科 第21回公演 報告

 6月25日(土)、所沢市民文化センターミューズ・マーキーホールにおきまして、21期生による、舞台芸術科第21回公演が上演されました。当日は6月としては記録的な猛暑の中、500人を超えるたくさんのお客様にご来場いただき、ほぼ満席の中、本番を迎えることが出来ました。

 21期生はコロナ初年度入学となった生徒たちで、異例の6月入学式から始まり、これまでの様々な発表も、ほとんどが制限のある中での実施でした。そのため、残念ながら保護者の皆様にも、せっかくの発表にご来場いただけなかったことも多くありました。そのような年次ですので、この学科公演で、マーキーホールを埋め尽くしたお客様の温かい拍手の中、学科公演を実施できたのは、そしてそのお客様の前に立ち、万雷の拍手に感激の表情を見せている生徒たちを見ることが出来たのは、授業担当としましても本当に嬉しいものでした。改めまして、ご来場いただいた皆様、そしてご来場叶わずとも生徒たちに対しご支援いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。また、公演を支えていただきました講師、・スタッフ・関係各所の皆様方にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

21期生作成、ロビーに展示されたウェルカムボードロビーに展示されたウェルカムボード

保護者の皆様からのお花です保護者の皆様からのお花

 

 

応援していただいた皆様、ありがとうございました!

 

さて、本番の舞台写真の整理もでき始めて参りましたので、少し遅くなりましたが、今年度の作品のご紹介、そして本番の様子を、最後の「21回公演特集」として、本番やリハーサル時に撮影した舞台写真などを交えながら、次からのニュースでご報告いたします。ぜひ、そちらもご覧ください。

舞台芸術科【第21回公演 特集】本日ゲネプロ、明日はいよいよ本番です!

 6月24日金曜日。

劇場入り3日目、本日は場当たりの残りを行い、午後からはいよいよゲネプロです。ゲネプロは最終通し稽古ですが、毎年ここには本番ではスタッフでお手伝いいただく2年次生と、1年次生が来場して客席で観劇します。

 

本日はゲネプロのため、舞台写真はありません。ご来場予定の方は、ぜひ、明日、劇場でお楽しみください。また、舞台の様子は次回、本番のご報告と一緒にご紹介いたします。

 

このゲネプロを経て、明日はいよいよ21期生全員による、「舞台芸術科 第21回公演」、本番となります。

おかげさまで、明日の本番は3年ぶりにほぼ満席のお客様がお越し下さる予定となっています。本当にありがたいことだと思います。今まで取り組んできた成果と思いをすべて込め、さらに感謝の思いを胸に抱きながら、生徒たちは全力を尽くすことと思います。彼らの努力の結晶を、劇場でご覧いただければ幸いです。 明日、劇場でお待ちしております。

*******************

「舞台芸術科 第21回公演」は、新型コロナウィルス感染症対策として、限定一般公開(中学生およびその保護者・在校生の保護者・OB・OG)とさせていただきます。
※来場登録受付は終了しています。

>>学科公演特設ページは こちら

 

埼玉県立芸術総合高等学校舞台芸術科 第21回公演

日時:令和4年6月25日(土) 13時開演(12時30分開場)

場所:所沢市民文化センターミューズ中ホール(マーキーホール)

内容:舞踊 クラシックバレエ「眠れる森の美女」より(振付・指導 山本教子)

      モダンダンス「Responseする身体」(振付・指導 関 雅子)

   演劇 「リボンの騎士~県立鷲尾高校演劇部奮闘記~」

      作 横内謙介 原作 手塚治虫 作品提供・協力:手塚プロダクション

      上演台本・演出 南野真一郎

 

本番まで、あと1日! いよいよ、明日、本番!

舞台芸術科【第21回公演 特集】劇場リハーサル

6月23日木曜日。

本日から演劇、舞踊両専攻で劇場リハーサル、舞台用語で「場当たり」が始まりました。これは上演作品について、冒頭からラストまで、照明、音響などのあらゆる舞台効果、役者の出ハケなどの作品中で行われるすべてのきっかけを確認していくリハーサル作業で、うまくいかないところや、劇場で初めて確認する部分などを一つずつ丁寧におさらいしていきます。演劇では道具の転換など、舞踊では立ち位置やフォーメーションの場所決めなど、きめ細かく作業が続いています。

  

 

生徒は、緊張感を漂わせつつも、また同時に、今まで練習してきた作品が、照明や大道具などが入ることで、間もなく本番が訪れることを実感し始めているようでした。

 

明日はいよいよ、ゲネプロです。

*******************

「舞台芸術科 第21回公演」は、新型コロナウィルス感染症対策として、限定一般公開(中学生およびその保護者・在校生の保護者・OB・OG)とさせていただきます。
※来場登録受付は終了いたしました。

>>学科公演特設ページは こちら

 

 埼玉県立芸術総合高等学校舞台芸術科 第21回公演

日時:令和4年6月25日(土) 13時開演(12時30分開場)

場所:所沢市民文化センターミューズ中ホール(マーキーホール)

内容:舞踊 クラシックバレエ「眠れる森の美女」より(振付・指導 山本教子)

      モダンダンス「Responseする身体」(振付・指導 関 雅子)

   演劇 「リボンの騎士~県立鷲尾高校演劇部奮闘記~」

      作 横内謙介 原作 手塚治虫 作品提供・協力:手塚プロダクション

      上演台本・演出 南野真一郎

 

本番まで、あと2日!