舞台芸術科News 2022

舞台芸術科News 2022

舞台芸術科 3年次選択科目「ジャズダンス」成果発表 報告

1月18日(水)舞台芸術科3年次「ジャズダンス」選択者は授業の成果発表を行いました。

本校のジャズダンスの授業は、日本ジャズダンス芸術協会代表理事の北浜竜也先生にご指導をいただいております。
はじめは未経験者も多いジャズダンスですが、1年間トレーニングを積み、表現を学んで、毎年1月に成果発表を行っています。

舞台の上で堂々と躍動する3年生の華やかで迫力のあるパフォーマンスに、会場は熱気と拍手に包まれました。

舞台芸術科 3年次舞踊専攻「クラシックバレエ」成果発表 報告

1月17日(火)舞台芸術科3年次舞踊専攻選択者は「クラシックバレエ」の成果発表を行いました。

この発表では、各自が思い思いにバリエーションを選択して、3年間芸術総合高校で学んだ成果を披露します。

じっくりと鍛錬を積んだ身体から溢れ出る表現に、会場からは大きな拍手が送られました。

舞台芸術科 第2回学校説明会 報告

1月14日(土)舞台芸術科は第2回学校説明会及び学科説明会を行いました。

午前の部は中学3年生を対象に個別相談を行いました。本相談で不安な点を解消し安心して受検をしていただけたら幸いです。

午後の部は中学1、2年生を対象に学科説明と舞台技術体験を行いました。
学科説明では舞台芸術科(専門学科)と普通科はどう違うのかを中心に学科内容を説明させていただきました。
説明会の後半は照明体験です。実際の調光卓を操作して舞台を照らしてみたり、ピンスポットを操作して役者を追ってみたり、実機材を用いて楽しみながら学んでもらいました。

本校ではパフォーマーとしての学びだけでなく、全員が舞台スタッフの技能も共に学びます。今回の体験で舞台スタッフの楽しさを感じ取っていただけましたら幸いです。

今回をもちまして2022年度の説明会は全て終了となります。
次年度も学科説明会や体験授業を通して、皆様に舞台芸術科の魅力をお伝えしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

舞台芸術科 狂言公開実技試験 報告

12月20日(火)舞台芸術科3年次生の選択科目「狂言」選択者8名は狂言公開実技試験を行いました。

「狂言」の授業では人間国宝の能楽師狂言方大蔵流 山本東次郎先生をはじめ、山本家の皆様方にご指導をいただいております。公開実技試験は1年間の成果発表として杉並能楽堂をお借りして実際の能舞台の上で狂言を披露する、とても貴重な体験ができる行事です。

今年の課題曲は「口真似」です。
狂言選択者8名は3グループに分かれて、それぞれの曲を緊張しながらも堂々と演じてくれました。

試験の最後には、山本東次郎先生が生徒たちの謡に合わせて舞を披露してくださいました。

山本東次郎先生をはじめ山本家の皆様方、誠に貴重な体験をありがとうございました!

舞台芸術科 所沢市立山口中学校公演 報告

12月19日(月)舞台芸術科3年次生は所沢市立山口中学校にて、舞台公演を行いました。

舞台となるのは山口中学校の体育館です。
コンセプトとして「生徒自身が構成を考えプロデュースする舞台公演」を掲げ、依頼をいただいた今年の夏頃から公演に向けて準備をしてきました。

できる限り全員に近い位置でパフォーマンスを観てもらいたいという思いから、フロアを十字に区切った舞台構成を考え、事前チラシやパンフレットの作成も行いました。

演目は、ソーラン節、創作ミュージカル、テーマダンス、モダンダンス、フィナーレです。
各演目を繋ぐMCの導入や休憩時間も公演に浸っていてほしいという思いで動画を上映するなど、様々なアイデアを形にして90分の舞台に仕上げました。

中学生の皆さんに楽しんでいただけておりましたら幸いです。

山口中学校の皆様、またPTAの皆様方には発表の場を提供いただいたばかりでなく、事前準備の段階からご協力をいただきまして誠にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

この度は誠にありがとうございました!