校長News2020

校長News 2020

校長News 12月第4週の出来事

12月22日(火)舞台芸術科の選択授業の一つ「狂言」の公開実技試験が本校総合練習場で行われました。例年であれば杉並能楽堂で実施するのですが、感染拡大防止の観点から本校での実施となりました。講師の山本東次郎先生にあたかも能楽堂であるような立派なセットと衣装をご用意いただき、生徒は緊張の中、素晴らしい演技を見せてくれました。

12月23日(水)映像芸術科卒業制作展が所沢市民文化センターミューズで行われました。作成した作品のプレゼンテーションと動画作品の上映などが行われました。本来なら、この素晴らしい作品の数々を沢山の方にご覧いただきたかったところですが、感染拡大防止の観点から保護者の方のみの限定公開となりました。

12月24日(木)音楽科1年生のソルフェージュの授業の一環として行っていたトーンチャイムのミニコンサートが中庭で行われました。あまり明るくないご時世ですがそれを吹き飛ばすような明るい音色で芸総のクリスマスイブを彩ってくれました。とても良いクリスマスプレゼントとなりました。

12月25日(金)美術科冬期講習会が27日(日)までの日程で行われました。通常の授業では十分に時間を取ることができないデッサンを集中して行うものですが、今年度は感染拡大防止の観点から時間を短縮して実施しました。時間は短かったかもしれませんが、その分より集中してモチーフに向き合えたようです。

←舞台芸術科「狂言公開実技試験」

映像芸術科「卒業制作発表会 めざめ」→

←音楽科「トーンチャイム コンサート」

美術科「冬期講習会」→