最新情報 News2020

最新情報2020

重要 最新 登校の判断及び感染防止対策

2月5日(金)本日お知らせしました「緊急事態宣言の期間延長に伴う学校の対応について」の別紙2「登校の判断及び本校の感染防止に係る対応等について」の内容をお伝えします。

別紙2
芸術総合高等学校

登校の判断及び本校の感染防止に係る対応等について

1 登校の判断について
  埼玉県教育委員会が作成した「県立学校版 学校再開に向けたガイドライン(新型コロナ
 ウイルス感染防止対策 Ver.5)」では、事前に家庭に確認すべきこととして、次の5点を
 挙げています。(6月19日掲載の文書から変更はありません)

(1) 発熱等の風邪症状がみられる場合の自宅休養は、欠席ではなく「出席停止」となる。
(2) 登校前に検温・健康観察を行う。健康状態が確認できない場合は、学校で検温及び健
 康観察を実施する。
(3) 登校後に発熱等の風邪症状が見られる場合には、当該児童生徒を安全に帰宅させ(早
 退)、症状がなくなるまでは自宅で休養するよう指導する(出席停止)。
(4) 早退等緊急時の保護者連絡先及び早退方法を確認しておく。(可能な限り、公共交通
 機関の利用を避ける。)
(5) 同居の家族の健康状態の確認及び、家庭内に体調不良者がいる場合は登校させないよ
 う協力を依頼する。(出席停止)

2 本校の対応等(1月12日掲載の文書から下線部を変更・追加)
(1) 上記(1)のとおりですので、お子様が風邪症状で体調不良の場合は登校させず、その旨を
 学校に御連絡ください。
(2) 上記(2)ついて、登校前に検温を含む健康観察をお願いします。検温していない生徒は、
 直接第一相談室前で検温し、発熱のないことを確認してから教室に入るようにしてくださ
 い。引き続き「健康観察票」の記入をお願いします。
(3) 上記(3)、(4)について、感染防止のため別室で休ませた上、保護者の方に御連絡いたしま
 すので、速やかにお迎えに来ていただきますようお願いします。
(4) 上記(5)のようなことがあった場合には、その旨を学校に御連絡ください。
(5) 上記「出席停止」の場合は、お子様の平熱経過状況等を踏まえ、担任から再登校日を保護
 者にお知らせします。
(6) 本校で行う感染防止対策は次のとおりです(2月4日現在)。

・発熱等の風邪症状のある生徒を待機させる専用の部屋を用意           
・状況に応じて使用できるようにフェイスシールドを用意
・使用教室及び職員室に手指用及び器具用の消毒液設置
・生徒玄関、トイレ前、東側流し、職員玄関に手指用消毒液設置
・トイレ入口扉のノブを掌で触れずに開閉できるよう施工
・ドアノブ、スイッチ、階段手摺は、教員が1日1回以上消毒
・エアコン使用時も使用教室の換気の徹底
・各教室の教卓に感染防止具を設置
・音楽科レッスン室に感染防止用ビニールシートを設置
・共有使用する物品等の使用前後の消毒や手洗い指導の徹底(一部学科授業で手袋使用)
・トイレの手洗いの蛇口レバーを自動水栓に交換(12月25日)
・廊下の流しの蛇口レバーを肘等で開閉できる水栓に交換(12月25日)
トイレ・流しにオートソープディスペンサー設置(12月11日)
生徒玄関及び職員玄関にサーマルカメラ設置(1月13日)