舞台芸術科News 2021

舞台芸術科 学科新歓(4月)

去る4月13日(火)、舞台芸術科の学科新歓が行われました。これは舞台芸術科の上級生たちが同じ学科の1年次の入学をパフォーマンスなどで歓迎する行事で、昨年度は行われなかったため、2年ぶりの開催となりました。

当日は例年行われている親睦を深めるためのゲームなどは行わず、舞台芸術科の教員と各クラスの担任の先生の紹介、舞台芸術科とゆかりの深い部活動の紹介、そして、2年次、3年次からの歓迎パフォーマンスの披露などが行われました。以下、写真を交えて紹介します。

 

【2年次生・歓迎パフォーマンス】

映画「グレイテスト・ショーマン」の名曲「This is me」に乗せたダンスパフォーマンスを披露しました。

 

 

【3年次生・ソーラン節】

3年次は例年、1年次で制作し踊った「ソーラン節」をブラッシュアップし、ここを「踊り締め」として披露します。そして、身にまとっていたソーラン節用のはっぴを、次に踊る1年次生一人一人に着せてあげることで、引き継ぎとしていました。今年は感染防止対策もあり、着ていたものを引き継ぐのはやめ、使用していないはっぴを3年次の代表から1年次の代表の生徒へと引き継ぎました。

 

 【はっぴの引き継ぎ】

 

 

最後に、毎年行っている円陣を、これもソーシャルディスタンス確保で体育館全体に広がる大きな輪として作り、全員で今年一年の健闘を誓い合いました。

 

このようにして、2021年度の舞台芸術科の活動は始まりました。この後も、引き続き感染拡大防止に留意しつつ、ひとつひとつの学習活動を丁寧に行っていきたいと思います。すでにいくつかの授業報告も掲載していますが、この後も、各種活動状況をこのニュースで報告していきます。