舞台芸術科News 2022

舞台芸術科第21回公演のお知らせ

舞台芸術科では、6月25日(土)に、3年次生(21期生)による「舞台芸術科 第21回公演」を開催致します。

この公演は専門必履修科目「総合演習」の成果発表として、校外の劇場をお借りして上演を行うものです。この「総合演習」では2年次後半より「演劇」と「舞踊」の2専攻に分かれ、それぞれの分野についてより深く学ぶようになっています。各専攻では2年次後半より取り組みを始め、約半年の時間をかけて、作品練習と、公演全体の制作について学んできました。本番では舞踊専攻による「クラシックバレエ」と「モダンダンス」、演劇専攻による「演劇」上演を行います。

なお「舞台芸術科 第21回公演」は、新型コロナウィルス感染症対策として、限定一般公開(中学生およびその保護者・在校生の保護者・OB・OG)とさせていただきます。
観賞をご希望の方は下記ページより詳細をご確認いただき、各登録フォームより必要事項をご入力ください。

>>学科公演特設ページは こちら

 

 

 

埼玉県立芸術総合高等学校舞台芸術科 第21回公演

日時:令和4年6月25日(土) 13時開演(12時30分開場)

場所:所沢市民文化センターミューズ中ホール(マーキーホール)

内容:舞踊 クラシックバレエ「眠れる森の美女」より(振付・指導 山本教子)

      モダンダンス「Responseする身体」(振付・指導 関 雅子)

   演劇 「リボンの騎士~県立鷲尾高校演劇部奮闘記~」

      作 横内謙介 原作 手塚治虫 作品提供・協力:手塚プロダクション

      上演台本・演出 南野真一郎

 

21回公演に向けた取り組み、および本番の様子はこのHPにて報告させていただきますので、そちらも併せて、ぜひご覧ください。