最新情報 News2019

第18回卒業証書授与式⑥答辞

3月14日(土)、卒業生代表として元生徒会長からは、担任の先生一人一人と18期生のみなさんに心を込めて伝えていました。

18期のみなさんには、「学科などで壁を作ることのない、とても気さくで芯の強い人たちばかりでした。ほぼ毎日顔を合わせていたみんなと明日から会えなくなると思うと、とても寂しいです。でも、私たちは、これから未来に向かってそれぞれの道を歩いていかなければなりません。自分を信じて、前を向き一生懸命に進んでいきましょう。みんなと出会えて本当に良かったです。」とありました。会長としてのお礼と会長としてのお願いもありました。「後輩へ連絡してほしいこと。ずっと支えてくれた家族へ感謝の気持ちを伝えてほしいこと。」私もがんばって伝えると決意表明していました。最後に、「出会えてよかった。ありがとう」

19期・20期のみなさんが会場にいたら伝えたかったことは、「今までありがとうという感謝の気持ちと後輩の一生懸命な姿にたくさんの力をもらったこと。私たちが卒業したあとの芸総に不安を感じている人へは、私たちが助けられたように、特別な意識をしなくても自然と互いに協力し助け合い、いろいろな壁を乗り越えることができると思っていること。これからも変わらず、貴重な高校生活を過ごしてほしいこと。そして、いつまでもみなさんの味方で応援している」ということです。素敵な先輩ですね。