舞台芸術科News 2022

2022年6月の記事一覧

舞台芸術科【第21回公演 特集】図書館に「公演特集コーナー」出来ました

  本校図書館には普通の高校ではあまり見られない、美術、音楽、映像、舞台の各専門学科に関する蔵書などが沢山あり、それも芸総の大きな魅力の一つだと思っています。6月に入り、その図書館の入口に、今回の上演作品に関連した書籍を集めた「舞台芸術科第21回公演特集コーナー」を作っていただきました。

  

 バレエ作品の元となる民話「眠れる森の美女」や、演劇作品のモチーフとなっている手塚治虫さんの「リボンの騎士」などが置かれています。バレエで踊られるものが、どのようなストーリーやキャラクターをモチーフとしているのか、平成、令和を生きる高校生にとっては原作漫画やテレビアニメを知らないかもしれない「リボンの騎士」がどのようなストーリーなのか、来場前に目を通してから観劇するのもお勧めです。

*******************

なお「舞台芸術科 第21回公演」は、新型コロナウィルス感染症対策として、限定一般公開(中学生およびその保護者・在校生の保護者・OB・OG)とさせていただきます。
観賞をご希望の方は下記ページより詳細をご確認いただき、各登録フォームより必要事項をご入力ください。
※来場登録受付は6月1日(水)より開始いたしました。現在受付中です。

>>学科公演特設ページは こちら

 

 

埼玉県立芸術総合高等学校舞台芸術科 第21回公演

日時:令和4年6月25日(土) 13時開演(12時30分開場)

場所:所沢市民文化センターミューズ中ホール(マーキーホール)

内容:舞踊 クラシックバレエ「眠れる森の美女」より(振付・指導 山本教子)

      モダンダンス「Responseする身体」(振付・指導 関 雅子)

   演劇 「リボンの騎士~県立鷲尾高校演劇部奮闘記~」

      作 横内謙介 原作 手塚治虫 作品提供・協力:手塚プロダクション

      上演台本・演出 南野真一郎

 

本番まで、あと23日!