新着情報
現在本校では時差登校、分散登校を実施していますがその中での美術科の取り組みをお伝えします。 通常美術科学年全員で行う授業は素描が中心ですが、分散登校中はクラスの半分の20名で授業を行います。専攻の授業は元々人数が少なく、いつも以上にソーシャルディスタンスを確保して制作しています。 googleのアプリである「google classroom」を利用し、対面授業と自宅学習の生徒に同時方向で授業を進めています。課題説明から授業中の質問、課題提出までオンラインで対応しています。新しい試みに生徒も教員も積極的に取り組み、新しい発見をしている最中です。   
9月22日(水)、分散授業の様子です。本日3、4、5、6限に3-3メディア表現2が行われました。「フォトグラム」というカメラを使わない写真表現について学びました。できあがった作品はしばらく3階廊下に展示する予定です。学校説明会の時に中学生にお見せできるかもしれません。 また、同時にオンラインによる企画会議を行いました。「傘」をテーマにワンカットの映像制作を予定しています。下がオンライン会議の様子で、生徒は普段と違う話し合いを楽しんでいました。 また、同時間に3-3の授業でCG3が行われました。Adobe Animateにてオブジェクト指向によるアニメーションを学んでいました。下がActionScriptを記述している様子です。    
9月21日(火)、分散授業の様子の続編です。本日4、5、6限に2-3映像概論が行われました。自分の写真集をつくるため、サムネールを切り抜き配置決めを行いました。