新着情報
オレンジ色は認知症啓発のシンボルカラーであり、 オレンジガーデニングプロジェクトは 全国各地でオレンジ色の花を咲かせ 認知症について考え、周囲の人と話したりして 認知症になっても暮らしやすいまちをみんなで創っていきましょうというものです。 三ケ島第1地域包括支援センターから マリーゴールドをご提供いただき、本校スタッフが校門前の花壇に植えました。    
美術部の活動情報についてお知らせします。 本校の美術部は120名おり、美術科の生徒は原則全員、美術部に入部しています。 活動日時は 月曜日~金曜日(放課後18:00まで、18:30完全下校)及び       土曜日(9:00~15:00)です。 平日については、原則として各自休養日を週1日設定することになっています。 また、毎月全校で定められたノー部活デーが1日ありますので、その日はお休みとなります。 活動内容は、デッサン課題と専攻課題を年間でバランスよく組み込んで取り組んでいます。 デッサン課題は、美大入試に特化した「構成デッサン」「想定デッサン」「石膏デッサン」「静物デッサン」など多岐にわたります。自主的にデッサン課題に取り組んでいる生徒も多くいます。 専攻課題は、1年次生は授業課題、2・3年次生は専攻別(油彩画・日本画・彫刻・ビジュアルデザイン・クラフトデザイン)に作品制作などに取り組みます。 美術科と美術部の活動は相互にリンクすることが多く、明確に区別することが難しいため、美術部の活動情報については美術科の最新情報をご覧ください。 (令和5年度実績 埼玉県高校美術展 優秀賞...
5月4日(土)にダンス部保護者会・お披露目会を開催しました。 今年度は3名の1年生を新たに迎え、総勢13名となりました。2・3年生は学校総合体育大会の演目を2作品(コンクール部門「In Spiral ~抗えない流れ~」/参加発表部門「逍遥自在」)、1年生は芸総ダンス部伝統の演目「Sing Sing Sing」を披露しました。                      新年度であわただしい中、体育祭応援パフォーマンスや学科公演の練習も入り、なかなか全員揃っての練習が難しかったのですが、本番ではここ一番の踊りと表情をお見せすることができました。ダンス部の保護者の皆さまをはじめ、多くの方が暑い中体育館まで足を運んでくださいました!いつも芸総ダンス部を応援してくださり、支えてくださり、本当にありがとうございます。   8月6日~9日に神戸で行われますダンスフェスティバルに向けて、より芸ダンらしい、より面白い作品作りができるように、部員一丸となってさらに練習を重ねてまいります。皆さま、今後とも応援よろしくお願いします!  
CG1の伝統課題「CUBE」が始まりました。 構図を決め写真を撮った画像をIllustratorのペンツールでトレースする課題です。 光の反射や模様を意識して写真を撮ります。ペア活動ですが、なかなかコレ!と言う構図が出なかったりと苦戦している方もいました。 映像芸術科全員が通る道です。 完成まで気合い入れて頑張りましょう。
専攻の授業の様子を紹介します。 音楽科では、専攻実技をマンツーマンレッスンで学ぶことができます。 基礎的な体の使い方から演奏表現まで、担当講師が一人ひとりにじっくり向き合って指導します。 前期の実技試験は6月下旬。 朝も放課後も熱心に練習に励んでいます。
五月晴れの雲ひとつない青空のもとで第25回体育祭を行ないました。 午前中の体育種目では競技が白熱し、クラスや学科で声を掛け合い全員で盛り上がりました。 応援パフォーマンス及び応援旗披露では、各クラスとも学科の特技を十分に生かしたアイデアをふんだんに加え、 生き生きとしたダイナミックな表現による演技を披露し、観客全員を魅了しました。                                                                         応援旗最優秀賞は3年1組、応援パフォーマンス最優秀賞は3年4組でした。おめでとうございます。 各クラスで中心となって企画し、練習などを運営してくれた皆さん、本当におつかれさまでした。  応援してくださった保護者の皆様、ありがとうございました。 培ったクラスの絆を今後の学校生活や芸術活動に生かしていきましょう!      
5月13日(月) 素材研究の授業がありました。 素材研究では「モノドラマチック」という写真作品の課題制作を行っています。 カメラを固定して何枚か写真を撮り、最終的に合成して1枚の作品に仕上げます。 光とカゲ、重力と地平線を意識した作品を目指し協力して作品制作をしています。 小道具なども自分自身で用意し撮影に挑みました。
5/10(金)に芸術総合高校第25回体育祭が行われました。 生徒たちはこの日のために応援パフォーマンス、応援旗など、たくさん準備をしてきました。 当日は日差しが強かったですが風があり、とても良い天気で体育祭日和でした! 1年生にとっては初めての体育祭。入学してから約1ヶ月で、手探りながらもクラスで団結し、良い思い出になったと思います。
6/15(土)美術科企画「ものつくりフェア」を本校で開催します。このイベントは、中学1~3年生を対象とした美術科の授業体験講座です。事前申込により、5つの講座から選んだ1つを無料で体験することができます。本校の美術科の魅力を、実際に手を動かしながら感じていただけるこの機会を、ぜひともお見逃しなく!美術科に少しでも興味がある方、新しい経験をしてみたい方の参加を心よりお待ちしております。日時:2024/6/15(土)9:00-12:30(受付8:30)場所:埼玉県立芸術総合高等学校   〒359-1164 埼玉県所沢市三ケ島2-695-1   ※自家用車での来校は御遠慮下さい。対象:中学1~3年生   ※保護者様の参加は各御家庭1名までです。費用:無料です。 服装と持ち物:汚れてもよい格好。私服可。   ※スリッパと下足袋を御持参下さい。 申込:要予約。約1ヶ月前から本校HPにて可能です。   ※美術科 Intoから申込可能です。   ※定員となり次第、締め切りとさせていただきます。詳しい内容に関しては下記より御参照ください。2024R6ものつくりフェアリーフレット.pdf(1MB)御不明な点は、学校までお気軽に御連絡ください。お問い合わせ:TEL 04-2949-4...
令和6年6月29日(土)舞台芸術科は第23回公演を行います。 この公演では、舞台芸術科23期生(現3年次生)が学びの成果を舞台の上で披露します。 下記リンク先「舞台芸術科第23回公演特設ページ」にて公演のご案内をしていく予定です。ご来場のご予約についても6月上旬を目途にご案内いたしますので、今しばらくお待ちください。   舞台芸術科第23回公演特設ページ:https://geiso-h.spec.ed.jp/gakkakoen   たくさんの方にご来場いただけるよう準備を進めております。小学生・中学生の方はもちろん、演劇や舞踊に興味のある方、舞台表現に興味のある方など、皆様のご来場を舞台芸術科一同、心よりお待ちしております! 
5月8日(水)メディア表現2の授業がありました。 5月に入り、本格的に撮影が始まりました。生徒はそれぞれ監督、キャスト、撮影スタッフ、編集、撮影の小道具制作など、卒業制作展に向けて作品制作に取り組んでいます。 タイトなスケジュールですが、来週の中間面談に向けて放課後の補習も頑張っています。 撮影風景① 撮影風景② 撮影風景③ 編集の様子 小道具制作中… 完成が楽しみ!
5月8日(水)CG3の授業がありました。3年生は各自、卒業制作に真剣に取り組んでいます。 それぞれ教員と面談を行い、作品のテーマを吟味しながら制作に取り組んでいます。コンピューター制作から様々な画材での制作など幅広いツールを活用し作品制作を行っています。今後の進捗がとても楽しみです。
5月1日(木)、映像技術の授業では校内散策し「匂い」と「音」をテーマに写真撮影を行いました。 撮った写真を3枚にセレクトし、テーマに対しての想いや撮影あたって工夫した点をまとめました。また、他者の作品を鑑賞し、メッセージを送り合いました。普段行かない場所や通らない道を歩き沢山の発見ができました。各自がテーマに沿って工夫して撮影をしている活動が見られました。
5/1(水)3、4限に1年次「構成B日本画」の授業がありました。授業内容は日本画技法で「ししゃも」を描くことです。生徒は水干(すいひ)絵具を1色ずつ絵皿で練ります。和紙の上に一層目を塗るところまで進みました。 明るい板の間の日本画室 膠(にかわ)を混ぜて中指で練ります 刷毛の基本を教わりました
4/23(火)「素描1」の課題が始まりました。ダンボール箱をモチーフに、デッサンの基礎を学びます。美術科では制作の基礎となる描写力を、3年間の素描授業を通して身につけていきます。 離れた距離から自分のデッサンを確認 姿勢、鉛筆の使い方など基礎から学びます パース(奥行き)を頻繁にチェック
高校生対象芸術公募展にて、美術科の生徒が受賞いたしました。受賞された皆様、おめでとうございます。惜しくも受賞を逃した方たちも、先生は皆さんの頑張りをしっかりと見ています。また、頑張りましょう。◆アート部門 奨励賞「もっと世界を知りたい」23期 古里 亜美 入選「I'll just keep it low-key」23期 毛塚 花実 入選「怒どどどーん」23期 阿部 咲月 ◆イラスト部門 奨励賞「花畑と妖精」23期 阿部 咲月 奨励賞「大飯振舞」23期 山本 のどか ◆高校生対象芸術公募展特設サイトhttps://artawardbunsei.com/
4月25日(木)午後、離任式が行われました。                         登壇された先生方から心のこもったお話をいただき、その想いはしっかりと生徒たちの心に刻まれました。 先生方、ありがとうございました。ご活躍をお祈りしています。
4/12(金)5、6限に美術科対面式がありました。美術科の3年次生から「解体新書」という冊子を新入生1人ずつに手渡ししました。内容は上級生の自己紹介や油絵など各専攻の魅力について書かれています。その後、学科長や美術科に関わる先生方から話がありました。生徒たちは本年度の活動目標を確認し、和やかな雰囲気で閉式しました。 1~3年次生、集合 先輩から新入生へ手渡し 新入生を歓迎する気持ちが伝わってきます
桜も散り、いよいよ本格的な春、到来ですね。 芸総図書館は、1年生を迎える桜の花びらのメッセージボードを 館内に用意し、1年生に応援メッセージを送りました。 2,3年生のみなさんは、進級し新たなるステージに入りましたね。 今年度も芸総図書館を大いに利用してください。図書館だよりR6.4月.pdf
4月10日(水)午後の時間を使って、生徒会主催による新入生歓迎会を行いました。生徒会や各学科などが工夫を凝らして段取りや準備をしてきました。前日も綿密にリハーサルを行い、実行委員会と生徒会が連携して見事な切り盛りをしてくれました。                         学科や委員会活動、部活動のパフォーマンス及び紹介動画に、リラックスした様子で楽しむ1年生の姿が印象的でした。1年生には懐の深いアーティストになるべく充実した学校生活を過ごし、密度の濃い青春を送ってほしいと願います。
 4月8日(月)午後、第25回入学式を挙行し、134名の新入生が入学しました。  新入生の呼名、入学許可の後、校長の式辞では、「毎日地道に練習を反復し、本を読み、 様々な芸術にふれて貪欲に吸収するとともに、私たちの創造の源泉となる自然にも積極的に 触れて引き出し豊富で骨太なアーティストになってほしい」という新入生へのエールが送ら れました。  新入生代表の誓いの言葉は、芸術への愛情と熱意溢れる、力強いものでした。  明日から3学年が揃っての学校生活が始まります。  心新たに、生徒・職員一同頑張ってまいります。  
 4月8日(月)令和6年度の学校生活が始まりました。  始業式に先立ち、着任式を実施しました。校長より、転退任された教職員の紹介の後、新着任職員の紹介を行いました。新たな出会いを大切に、生徒の充実した学校生活と将来の自己実現などに向け、職員一同頑張ってまいります。                     着任式            校長講話                    進路指導部より         生徒指導部より   始業式の校長講話では、芸術は人々に愉しみや感動を提供することで心を前向きにすることが期待されている、芸術によって人々や社会を支えていく矜持を持ってほしい、また、共通の目的をもった仲間を大切にし、意見交換など切磋琢磨しながら芸術を磨いて欲しいという内容でした。  進路指導部からは、自分の考えの中で高校と大学をどのようにつなげていくかなどを意識して入試に向けての準備を進め、自らを出し切ってほしいといった内容でした。生徒指導部からは、ルールを守ってけじめある行動をとること、目標を立て計画的に過ごす...
3月24日(日)に、「金仙寺桜まつり」のステージでパフォーマンスを披露してきました! 3年生の引退・卒業後、初めてのステージでしたが、1・2年生8名で 少しでも会場に花を添えられるように、全力の笑顔と元気をお届けしました。 あと数日で部員たちも進級し、また1つ年次が上がります。 春休みも学科公演や新入生歓迎会、県大会に向けて、各自さらに練習を重ねております。 新年度にはさらにパワーアップした姿を皆様にお見せしたいと思いますので、 今後とも、芸総ダンス部の応援をよろしくお願いいたします。        
令和5年度後期終業式を行いました。 校長からは、「自分の想いを伝えたり他者の言うことをよく聞くなど、時間をかけることで人やその作品の良いところがわかる。良い点を見つけて伝える寛容なアーティストになってほしい。」という話があり、1年間の努力と成果について称えるとともに、計画と見通しをしっかり立てて活躍することを期待するという来年度に向けての励ましがありました。 生徒指導主任からは、①盗難などに対しての自衛、②今年度バス乗車に関するクレームゼロ、③目標を立てることや人との繋がりの大切さ の三点について話がありました。バスなど乗車マナーはこれからも向上させていきましょう。 進路指導主事からは、3年生の進路結果についてで、約90%が芸術系大学などに合格した3年生の努力を称えていました。この春休みにおいて、2年生は進路に向けた取組の本格化を、1年生は積極的に情報収集を行ってください。 また、美術部(県知事賞や全国大会出品など)、明るい選挙ポスター、合唱部、演劇部、特殊詐欺防止感謝状、短歌など17人の表彰がありました。日頃の学習や努力、練習の積み重ね、善行の成果を表彰することは学校としても嬉しい限...
22期音楽科(3年次)のクラスコンサートを開催いたします。 22期クラスとしては最後の演奏、最後の行事となります。 専攻で学んだソロの演奏から、同じクラスで一緒に学んできた友とのアンサンブル、合奏などを予定しています。見守り、支えてくれた多くの方々へ、感謝の思いを込めて演奏したいと思います。 皆様の御来場をお待ちしております。   22期音楽科クラスコンサート 2024年3月23日(土) 14:00開演(13:30開場) 所沢まちづくりセンター中央公民館ホール (西武池袋線・新宿線「所沢駅」徒歩15分) 入場無料/申込不要/全席自由席
3月19日(火)入学許可候補者説明会を行いました。 ご多用の中ご出席いただきありがとうございました。 入学後の学校生活をスムーズに送れるように 各担当からお話しをさせていただきました。 入学前の課題などについては、早めに取り掛かるようにしてください。             4月8日(月)の入学式は 午後1時15分までに式場にお集まりください。 詳細は「入学のしおり」緑色の表紙裏・下段をご参照ください。 新入生の皆さんの入学を心待ちにしております。
 3月18日(月)、体育館にて講演会を実施しました。等身大株式会社代表取締役で元よしもと芸人のVITA(びーた)さんを講師にお迎えして、今ある自分を最大限に活かして、目の前の人を幸せにする力=『等身大力』を高めるための『等身大力講座』と題して、自己理解の大切さ、どのようにすれば「自分」を知れるかやより良いコミュニケーションの方法などについて、実演も含めて非常に分かりやすく講義していただきました。  「やり方よりもあり方が大切」、「行動することは心を変えることにつながる」といったお話に深くうなずき、積極的に実演に参加し質問が数多く出たことが大変印象的でした。生徒、教職員ともに良い勉強の機会になりました。株式会社キッズ・コーポレーション及び等身大株式会社の皆様にお礼申し上げます。    
3月14日、2年生のクラスコンサートで演奏される「さくらのうた」の合奏について、この曲の作曲者である福田洋介先生に直々にご指導いただきました。 演奏するうえで意識した方がよいことや感じ方を、具体例をあげながら大変分かりやすくご指導いただき、どんどん音が変わっていくのが分かりました。 福田洋介先生、貴重なひとときをありがとうございました。
3月15日(金)に映像芸術科では進級制作展を実施しました。進級制作展は本年度の学びの集大成を展示・発表する場です。会場には写真、イラストレーション、立体など多彩な作品が展示されていました。発表では1、2年次ともに、制作をとおしての気付きや学び、各々の思いを堂々と発表していました。また発表会運営業務を担い、協力し合う様子が見られました。お忙しいなかで、保護者の方にも多くご来校いただきました。ありがとうございました。成長を感じる1日となりました。1年次進級制作展「結ぶ」 2年次進級制作展「さがしもの」  
3/13(水)放課後に本年度3回目の「やかんデッサンコンクール③」がありました。厳正なる審査の結果、コンクールの上位は下記のとおりです。23期(2年次):湯澤空美23期(2年次):神山華蘭23期(2年次):畷希実上位に選ばれた方、おめでとうございます。作品はデッサン室で次回のコンクールまで掲示となります。惜しくも選ばれなかった方、また次回にふるっての御参加をお待ちしております。
 3月14日(木)1時間目を使って、防災訓練を実施しました。訓練では、地震発生後、3階の理科室から火災が発生したという想定のもと、グランドへ避難を行いました。埼玉西部消防局所沢中央消防署三ケ島分署の方から指導・講評をいただいた後、各クラス代表者が消火器の消火訓練体験を行いました。  生徒は、速やかな避難ができ、消火器体験では互いに声を掛け合って意欲的に取り組んでいました。本日の学びが万が一のときに役立つよう、日頃から心がけてもらいたいと思います。                      指導・講評          消火器体験      署員の皆さまありがとうございました 
〇 舞台芸術科と音楽科で、前向きな志願者をお待ちしています。 〇 出願は以下の日程です。    3月12日(火)午前9時から正午まで 及び 午後1時から午後4時30分まで      13日(水)午前9時から正午まで 〇 実技試験のみ3月18日(月)に実施します。   〇 詳しくは、以下の生徒募集要項を参照ください。   芸術総合高校 令和6年度入学者選抜(欠員補充)生徒募集要項 .pdf 〇 ご不明な点やご相談についてはお電話ください。04-2949-4052   【舞台芸術科】 ※ 実技試験では、共通課題(朗読及び基本的な動作)のみ実施します。    ダンスや演劇などの経験がなくても    自分の身体を使って表現したいという気持ちと    本校で真剣に学びたいという意志があれば頑張れます。   【音楽科】  ※ 実技試験では、声楽または器楽の中から一つを選択して演奏します。    楽器演奏や声楽などを毎日練習して    本校で真剣に音楽を学びたいという意志があれば    ピアノや聴音などはこれからでも頑張れます。
卒業生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。 今年度は、5年ぶりに全校生徒が体育館に集い挙行されました。 保護者のみなさまと在校生の参列で、厳かに盛大に卒業証書授与式が行えましたこと、職員一同大変に喜んでおります。 最後の「蛍の光」斉唱では、3年間のそれぞれの想いが込められた温かな歌声が会場一杯に響き渡りました。  
以下の2学科で前向きな志願者をお待ちしています。 出願は、3月13日(水)正午まで 3月18日(月)に実技検査のみ行います。   詳しくは、以下の生徒募集要項を参照ください。 芸術総合高校 令和6年度入学者選抜(欠員補充)生徒募集要項 .pdf ご不明な点やご相談についてはお電話ください。04-2949-4052   【舞台芸術科】 ※ 実技試験では、共通課題(朗読及び基本的な動作)のみ実施します。    ダンスや演劇などの経験がなくても    自分の身体を使って表現したいという気持ちと    本校で真剣に学びたいという意志があれば頑張れます。   【音楽科】  ※ 実技試験では、声楽または器楽の中から一つを選択して演奏します。    楽器演奏や声楽などを毎日練習して    本校で真剣に音楽を学びたいという意志があれば    ピアノや聴音などはこれからでも頑張れます。
9日の卒業式まであと3日となりました。 今日は、リニューアルした体育館で三送会が行われました。 実行委員長と校長先生の挨拶のあと、クラスや有志による発表や3年間を振り返るスライドショーなど、 思い出が蘇るひと時となりました。 いろいろな思いが凝縮した温かな空気が流れた三送会でした。 企画運営してくれた皆さん、ありがとうございました。                               
 第3年次保護者 様   特に変更はございませんが、卒業式についてご確認ください。よろしくお願いいたします。   1 日 時 令和6年3月9日(土) 午前10時 開式     当日の行事全体の終了は正午前を予定しています。  2 式 場  本校体育館  3 その他(御列席いただける場合)  ⑴ 受付は午前9時から行います。    開式時刻10分前までに、式場へ御入場ください。  ⑵ 御家族は2名まで御列席いただけます。  ⑶ 上履きと下足を入れる袋などを御用意ください。  ⑷ マスクの着用については各自の判断とさせていただきます。  ⑸ 駐車場はございませんので、自家用車での来校は御遠慮ください。  ⑹ 体育館玄関(1階)から、お入りください。
2月9日(金)、ピアニストの金子三勇士さんをお招きし、ミニコンサートと公開レッスンを開催しました。 バルトーク、リスト、ショパンの演奏と、2年生3人の公開レッスン、そしてお話…と深く惹きつけられた90分でした。   途中、順番にピアノの周りや下、金子さんの間近で演奏を聴かせて下さり、身体中で音楽を感じながらたくさんの刺激を頂きました。 公開レッスンでは、 ・緊張の中でどう演奏するか。演奏前から意識した方がよいこと。 ・音色や音の方向 ・テンポを落として練習する時の注意点 など、多くのアドバイスをいただき、ピアノ専攻生のみならず音楽づくりをする上で大切なことを教えていただきました。   金子三勇士さん、貴重な機会をありがとうございました。
「ソルフェージュ」は楽譜の読み書きをはじめとする、音楽を表現するための基礎的な能力を訓練する科目です。 音楽科では、1年次から3年次まですべての年次で、習熟度別の少人数クラスに分かれて学んでいます。 前期・後期それぞれ行われる試験は、クラス全員が同じ問題に取り組む共通試験です。 事前に提示された課題の歌唱(伴奏なし)や初見演奏(初めて見た楽譜を歌う、演奏する)を1人ずつ審査官の前で行う課題と聴音などが内容となります。 1年次の後期試験では、前期よりも学んだ内容が深くなり、難易度も上がっていますが、生徒たちは根気強く課題に取り組んでいました。地道な訓練と意識が能力の向上に繋がり、専攻分野の演奏面にも影響していきます。 今後の成長が楽しみです。
2月2日(金)舞台芸術科2年次生、および専門選択科目「日本舞踊」を選択している3年次生は公開実技試験を行いました。 例年は2年次生、3年次生それぞれ別の日に実施している公開実技試験ですが、本年度は体育館改修工事の関係で合同での開催です。2年次生は「蓬莱」「藤娘」「雨の五郎」「越後獅子」、3年次生は「松の緑」「手習子」を所作舞台の上で堂々と披露してくれました。 2年次「雨の五郎」 2年次「藤娘」 2年次集合写真 3年次本番前の舞台裏 3年次「手習子」 3年次集合写真 2年次生をご指導賜りました七々扇左惠先生、花柳絵美舞也先生、3年次生をご指導賜りました花柳基先生、1年間誠にありがとうございました。  
「令和5年度 埼玉県立美術系高等学校作品展・卒業制作展」が2/7(水)~2/11(日)まで、埼玉県立近代美術館にて開催しています。本校美術科の2・3年次生が、専攻授業で制作した力作品群を出品しています。中学生1・2年生を対象とした5校合同説明会が2/10(土)11:00から、同美術館2階の講堂にて実施いたします。美術系高校に興味のある中学生と保護者様は是非ご参加ください。(事前申し込み不要) ​◆受賞作品一覧 「開く」3年次(22期)福田伊吹芸総大賞 「きらめきを纏う」3年次(22期)大岩根結衣奨励賞 「沈みゆく命達」3年次(22期)桑名香音奨励賞 「灯火」3年次(22期)澤田実和特別賞 「ばすたぬ〜んてぃ〜」3年次(22期)島田亜沙美特別賞 「寒々しい」2年次(23期)冨部佑奈特別賞 ◆会場風景 立体作品と2年次生作品の展示 デザインを中心とした展示 絵画を中心とした展示
合格した大学の一部をご報告します。人数についてはあらためてご報告します。 東京学芸 筑波 武蔵野美術 多摩美術 女子美術 東京造形 日本大学(芸術学部) 東京工芸 東京家政 尚美学園 東北芸術工科 大阪芸術 武蔵野音楽 国立音楽 昭和音楽 洗足学園音楽 日本女子体育 立教 成城 二松学舎 十文字学園女子 跡見学園女子 駿河台 女子美術(短期大学部) 東京家政(短期大学部) 桐朋学園芸術(短期大学部) University of Goldsmith   University of creative arts  University of plymouth
「ItemOSP idea competition 2024」にて本校美術科2年次(23期)の畷希実さんが最優秀賞を受賞しました。畷さん、おめでとうございます! ●テーマ:Change●公募展HP:https://www.item-osp-idea.com 「ちょこっと皿袋」2年次 畷希実(デザイン)  
1月25日(木)舞台芸術科3年次生「古典芸能」選択者は、公開実技試験を行いました。 「古典芸能」の授業では、東音の高橋智久先生にご指導をいただき、長唄三味線を学びます。音を出すのも難しいとされる三味線ですが、4月から稽古を重ね、生徒たちは堂々と演奏を披露してくれました。 試験は1人ずつ演奏します ご褒美の先生との合奏 三味線を持って記念撮影  
飯塚大雅さん(2年)の作品が、短歌の総合誌「短歌研究」が主催する 第4回短歌研究ジュニア賞(高校生の部)において、全国最高賞の特選に選ばれました。 〇 飯塚さんの作品   おもいでがさみしがってる自転車に乗れない感じ思い出せない 〇 選考委員の評   成長とは、後戻りできないこと。その不思議さをうたいました。 千葉聡   もう子どもではないと気づく十代の瞬間に、はっとさせられます。佐藤弓生   「できなかった頃」を振り返る、曖昧なところを掴んでいます。 佐藤りえ   あんなに確かだったものが、今は思い出せない。その切なさ。  寺井龍哉 〇 他の受賞者   入選 豊川さん、新田さん   佳作 駒形さん 皆さん、おめでとうございます。  
CGを学ぶ2年次生の授業風景です。2年生は昨年11月から自主企画課題に取り組んでいます。自主企画課題とは、自ら企画立案し、素材作成から編集まで個人で行うことが求められる課題です。実写動画とアニメーションを組み合わせた作品、絵本制作など、さまざまな表現活動が行われています。1月19日(金)には印刷機の使い方を学ぶ印刷指導が行われました。印刷からパネル貼り作業まで、丁寧に実習を通じて身につけました。作品完成は2月上旬です。まもなくの完成に向け、集中力が一層高まる時間となりました。
1/20(土)に、美術科の企画として中学1、2年生対象のワークショップを行いました。このワークショップは、参加された中学生の皆さんが、日本画、油絵、ビジュアルデザイン、彫刻といった専門的な授業と設備を体験しながら、それぞれの作品を制作しました。本校の2年次生がスタッフとしてサポートにあたり、ワークショップの合間のお菓子の時間には、芸術総合高校での生活について楽しくお話する機会もありました。中学生の皆さんが本日の体験を通して、本校の魅力を感じていただけますと幸いです。 日本画講座、いざ「1万分の3ミリに挑戦!」 息を止め、洋金箔をあかしています、ドキドキ お見事!発想力があり、筆の扱いに慣れた皆さんでした  油絵講座ではリンゴとバナナを描きました 参加者の作品を最後に並べ、鑑賞会です お菓子タイム、芸総生に語ってもらいました ヴィジュアルデザイン講座では様々な素材を扱いました 芸総生がサポートします カラフルなアクセサリーができました